Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

不思議

数年前には思いもいたらないような

毎日を過ごしているのだなあと思う。

 

この数日、空は快晴だったり

曇ったり雨が降ったり

雪がちらついたり

おまけに虹まで見えた。

 

人間関係も、普段の日々も

実にいろんなことがあるんだなと

すっきりすなおにそう思う。

 

気張らずに、今までとは

また違う形で向き合っていこう。

f:id:gumby6:20170220234409j:image

Remove all ads

要リニューアル

自分の枠組みって、意識してないと

だんだん狭くなって、

あげくに息苦しくなるんだなと思う。

 

適度にハメを外して

成り行きに任せて動いてみないと

感覚が麻痺している感じが強くなる。

 

ぷかぷか揺蕩いたい、とも思うし、

クタクタになるまで動きたい、

とも思う。

 

…なんか色々と疲れてるのかもしれない。

f:id:gumby6:20170128211938j:image

満月の夜に

エレファントカシマシ

『風に吹かれて』を聴きながら帰宅。

 

名曲だな。

 

綺麗な月でした。

 

寝る前にはクライバーベト7か、

ブラ2を聴こう。

 

 f:id:gumby6:20170112211208j:image

 

Remove all ads

2017

新しい年。

今年は日常が落ち着いている分、

色々動けそうな気がしている。

体には気をつけて一年を楽しみたい。

f:id:gumby6:20170103183448j:image

Remove all ads

the tunes of weekday 12月編

毎朝電車で聴く曲は

なんとなく決まってる。

 

プレイリストをガラリと変えると

晴れてると窓からのいつもの景色も

新鮮に感じたり。

 

明日から聴く別のリストを

作ろうかな。

 

f:id:gumby6:20161204195639j:imagef:id:gumby6:20161204195830j:image

バイバイ

飼ってたペットが死んでしまった。

 

何年もずっと「そこ」にいたのに。

 

いなくなってしまって、

 

これまでの時間にずっしりのしかかられる

 

感じがした。

 

さみしいな。

 

f:id:gumby6:20161203231746j:image

Remove all ads

イワン・デニーソヴィチの一日

新潮文庫木村浩訳。

マローズの中での1日1日の様子に

息が詰まる感じがする。

まだ読み切ってない。

 

小学校のとき、雪の中、

半袖短パンで走らされたのを

思い出したりしてる。

f:id:gumby6:20161127225523j:image